在宅秘書導入のメリット

「在宅秘書」は
社長様のビジネスを前進させる
貴重な時間を生み出します。

あなたの会社では、こんな課題を抱えていませんか?

経営者本来の仕事に取り組む時間がない

社長自身が、日々の活動に加えて
・顧客からの問い合わせ対応
・資料請求があった際の資料や商品の発送
・領収証や請求書の発送
・帳簿の入力
といった大量の業務を抱えており、経営者としての業務を行う時間が取れない

社員を増やしたいが、コスト面に不安がある

・スタッフに多くの人件費をかけられない
・忙しさに波があり、フルタイムで頼みたい業務が常にあるわけではない
・スタッフのためのオフィススペースを確保できない

Merit

在宅秘書導入のメリット

在宅秘書は
「在宅就業でありながら、貴社の様々な業務を
代わりにお願いできる外部スタッフ」です。

多くの社長様において、日々の煩雑な業務が締める割合は、毎月約50時間、多い場合では100時間程度ということもあります。
このような状態をいつまでも続けていては、社長様は、数年後の先を見て今の事業を伸ばすための施策立案に時間を割いたり
新規事業のアイデアを具体化していくことができません 。
時間を捻出するためには、日々の業務を標準化させ、別の人に任せた上で
社長様はしっかりとご自身の仕事に専念できるような環境を作ることが必要です。
当社の「在宅秘書サービス」は、その環境作りをお手伝いいたします。

在宅秘書として働く人の人物像(例)
結婚/出産退職女性 企業で経験やスキルを身につけつつも、結婚、配偶者の転勤による引越、子育てなどで退職 総務、庶務、経理経験者etc
在宅を希望する人材 企業で経験やスキルを身につけつつも、自営業の手伝い、介護、働き方の見直しなどで退職 役員秘書、営業事務経験者etc
フリーランス人材 フリーで仕事をしつつも それほど仕事量がない為、余力がある Webデザイン、ライティング経験者etc

在宅秘書は、こんな経営者の方におすすめです。

在宅秘書は、案件単位の「外注先」ではなく、「継続的に仕事をお願いできるスタッフ」です。
単なる「一つの仕事を外注する作業者」ではなく、「自社スタッフのようにさまざまな仕事を任せられる在宅スタッフ」をご紹介いたします。
顧客情報の管理や入金管理など、その場限りの外注先には頼みづらい仕事でも、在宅秘書にならお任せいただけます。

毎日1時間以上、雑務に時間が取られている

外注に頼める仕事には限界があると感じている

Web、ライターなど専門的な外注はいるが、社内の細々なことを横断的にやってくれる人が欲しい

実際にスタッフを募集してみたけれど、全然応募がない。もしくは、なかなかいい人と巡り合えない・・・

【余計な投資が不要】

在宅秘書の就業場所は自宅ですので、オフィスを用意し、高い家賃を払う必要は一切ありません。
在宅秘書が毎日出社するための交通費も削減できます。

【社長のライフスタイルはこれまで通り】

在宅秘書は自宅で仕事をするため、社長もこれまで通りのワークスタイルを維持することができます。

【ルーティン業務を任せることで、中核業務に集中できる】

・お客様からのメールの返信
・銀行口座の入金確認
・請求書や領収書の作成、送付
・顧客データの入力
・SNSの更新
・メールマガジンの配信

上のような「必要だが面倒な仕事」を、在宅秘書へお任せできます。
それにより社長様は、社長本来の仕事に集中できるようになります。

【社長が持っていないスキルを在宅秘書から借りられることも】

例えば、ホームページの作成スキルを持った在宅秘書と契約することにより、日々の更新や、問い合わせフォーム、アンケートフォームの作成等の業務が、専門業者に別途発注するよりもコストを抑えられる場合があります。