よくあるご質問(契約・報酬編)

ここでは、「在宅秘書」の契約について、よくあるご質問をご紹介します。どうぞご参考にしてください。

どのような契約を結ぶのでしょうか?

企業様との直接契約となります。

いわゆる派遣とは異なり、企業様と直接の契約を締結いただきます。

契約形態は「業務委託契約」となります。

どの程度の報酬をいただけるか、具体的に教えていただけないでしょうか?

「募集条件で様々である」というのが実情です。

率直に申し上げますと、「案件によって様々」です。

月1~2万円程度の案件から、10万円以上の案件もございます。もちろん、10万円以上になるようなお仕事は、それ相応に業務時間・業務量も多くなります。

※扶養控除の範囲内に収めたいなど、企業様とのご相談は可能です。

 

募集要項をご覧になった時点で、「この程度の業務時間であれば無理なくできる」、「このくらいの業務時間だとあまり収入にならないから、応募はしない」など、ご検討いただければと思います。

月に10万円程度の収入が希望なのですが、そのようなお仕事の委託依頼はありますか?

企業様と事前に調整ができていれば、ご都合に合わせた業務が可能です。

募集企業様は多くの場合、「フルタイムのボリュームの仕事ではないが、何らかの事情で外出できない優秀な人材を『在宅秘書』として委託契約したい」というご希望をお持ちです。

一方、登録者側は、以下のような環境の方が大多数を占めています。

  • 過去にはフルタイムで働いていたが、現在は育児中もしくは介護中のため、仕事に出たいけれど出られない。
  • フルタイムでは働けないけれど、お子さんを保育園・幼稚園に預けている、もしくは、介護中のご家族が介護施設へ通院中(就寝中)などで、1日数時間のコンスタントな時間を業務に充てることが可能。

当社は現状、上記のような企業様と登録者とのマッチングを行っております。

 

企業様によっては、フルタイム勤務に近いような業務量の案件事例もありますが、現状ではごく少ない件数であり、一定の業務量、もしくは一定額の報酬がお約束されるものではありません。

必ず生活を保障するような形態ではないことをお含みおきください。