よくあるご質問(応募編)

ここでは、「在宅秘書」の就業・応募について、よくあるご質問をご紹介します。どうぞご参考にしてください。

現在妊娠中ですが、すぐにでも働きたいですし、出産後もできるだけすぐに復帰したいと思っています。このような中途半端な時期でも就業開始は可能でしょうか?

まずは弊社にご登録いただき、情報収集されることをお勧めいたします。

妊娠中の方、出産間近・直後の方にも本サービスの趣旨に賛同いただき、ご応募いただくことは少なくありません。ご応募いただくこと自体は可能です。

とはいえ、産前・産後という時期は、ご自身もどんな生活リズムになるのか、また体調はどうなるのか、予測不可能な部分が大きいところです。

登録後には、弊社からさまざまな案件情報をご案内させていただきますので、まずはそれらをご覧になりながら、

  • どんな職種があるのか
  • どんなことが学べる(スキルを身に付けられる)のか
  • どんな待遇なのか
  • どんな選考過程を経るのか

といった情報収集をされてはいかがでしょうか?

ご出産の後、お仕事ができる環境が整い、ご自身の生活リズムが安定された頃に、ご希望、条件等に合う案件に応募いただくことをお勧めいたします。

海外在住なので、業務時間帯が日本時間の深夜になりますが、応募できますか?

募集条件にもよりますが、業務に支障がなければ、ご応募は可能です。

企業様や業務内容にもよりますが、企業様とコミュニケーションをとることに支障が出なければ、問題ありません。

事前に案件の内容をご確認の上、ご対応が可能なものにご応募いただけましたら幸いです。

月に何度か、PTAなどの用事で外出することがあります。それでも、お仕事をすることはできますか?

企業様と事前に調整ができていれば、問題ありません。

案件情報には必ず、企業様が想定されている業務量や業務時間数の目安を記載しております。

ご自分のご希望やご都合に沿った案件にご応募いただけましたら幸いです。

秘書の経験は必須条件でしょうか?

必須条件ではございません。

実際に、企業様のさまざまな業務をサポートしていただくことになりますが、いわゆる「秘書」としての職務経験は必須条件ではございませんので、どうぞご安心ください。

一般事務経験はありますが、特別な技術の資格や経験はありません。そのような場合でも就業できるのでしょうか?

案件によりますが、専門スキルを必要としないケースも多く存在します。

募集される案件によって、専門的なスキルが必要なケースもありますが(Web制作、ライティングなど)、そうでないケースも多々ございます。

資格や高度なスキルよりも、ビジネスマナーやパーソナリティ重視の企業様もいらっしゃいますので、案件情報をご覧いただいた上で、ご自分に合いそうなものがあれば、ぜひ応募をご検討ください。

子どもは幼稚園や保育園に通っていません。在宅業務なので、子どもが家にいても問題なく仕事ができると思っていますが、応募可能ですよね?

もちろんご応募可能です。

当社は、出産やご主人の転勤等で、仕事をやめざるを得なかった女性が「在宅就労」という形で社会復帰することを応援していますので、もちろんご応募いただけます。 

お子さんがご自宅にいらっしゃる方の場合は、業務の納期にゆとりがありそうな委託案件へのご応募をお勧めいたします。 

逆に、日中にメールをチェックし、すぐにお客様に対応しなくてはならないような業務は、お子さんが体調不良の時やお昼寝をしてくれない時に非常に大きなストレスを感じてしまいますので、お勧めしません。 

なお、企業様との打ち合わせで外出する際、一時保育を利用されても、その保育料は自己負担となりますので、ご了承下さい。

現在仕事をしていますが、「在宅秘書」として働いてみたいと思っております。大丈夫でしょうか?

日中にフルタイムに近いお仕事をお持ちの場合
在宅秘書に副業として就業できる案件は、現状ではほとんどございません。

現在、当社にご登録くださっている方の中には、正社員、契約社員、派遣社員など、フルタイムのお仕事をお持ちの方もいらっしゃいます。「ゆくゆくは在宅で仕事がしたいので、その準備のため」という方、また「空いた時間で収入を増やしたいから」という方など、理由は様々です。

 

率直に申し上げますと、ご登録自体は可能ですが、「平日の日中は本業があり、夜間と週末のみ対応できる」という場合、現状ではご応募できる案件がほとんどございません。

自社の営業時間内に必要とされるコミュニケーションも多く、日中に連絡が取れないと業務に支障をきたすことから、ほとんどの企業様が「平日の日中、コンスタントに業務してほしい」と希望されているためです。

基本的に、副業を支援するサービスではございませんこと、あらかじめご了承ください。

 

ただ、まれに「夜間(週末)に業務してほしい」という案件もございます。募集企業様のご希望とマッチすれば、兼業で在宅のお仕事を検討することは可能です。

在宅で仕事をするためには、どういった経験が必要でしょうか?

業務内容にもよりますが、共通して必要なのは、基礎的なパソコンスキル、ならびにリモート環境を意識したコミュニケーションスキルです。

お仕事の種類は一般事務からWeb制作業務まで、多岐にわたっております。

ただし業務内容に関わらず、共通して必要とされるのは、基礎的なパソコンスキル、そしてメールや電話を使用したコミュニケーションスキルと言えます。

パソコンスキルとは、メールのやりとり、ネットでの情報収集、ちょっとした資料作成の程度とお考えください。それ以上のスキルにつきましては、それぞれの案件に応じて要否が異なります。

いずれにしても、パソコンを使ってのお仕事が大半を占めるため、ご自宅にパソコンをお持ちであることが前提となります。

また、在宅でのお仕事は、オフィスに出社して直接会話をするような機会がないため、コミュニケーションをいかに適切にとるかが大変重要です。

お仕事を通じたメールや電話でのコミュニケーションのご経験をどれくらいお持ちなのか、重視される企業様は多くいらっしゃいます。

登録料、研修代など初期費用はかからないのでしょうか。

登録料などの費用は一切不要です。

一般的に、在宅就業というと費用を徴収され、その上仕事ができないという悪しきイメージがありますので、そう思われるのもやむを得ないと思いますが、当社では、そういったものは一切不要です。

どうぞご安心ください。

選考方法を教えて下さい。

「ご応募からお仕事開始までの流れ」をご覧ください。

面接の際は、募集企業様へ直接伺わなければならないのでしょうか?

遠方にお住まいの方については、オンラインによる面接を実施しております。

募集企業の所在地のお近くにお住まいの場合、直接お会いして面接を行うこともありますが、遠方にお住まいの方は、Web会議システム等を利用したオンライン形式で実施しております。