在宅秘書導入のメリット

正社員でもなく、一般的なパート・アルバイトでもなく、在宅秘書を導入・活用した場合には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

サービス開始から累計で約300名を超える在宅秘書さんの活躍を見守ってまいりましたが、大きく分けて次の4つのメリットがあると考えています。

オフィスを構えるわけではないので、余計な投資が不要

正社員を雇うならば5万、10万、あるいは数十万円という家賃を追加で支払わなければなりません。しかし、在宅秘書の就業場所は自宅ですので、わざわざ高い家賃を払う必要は一切ありません!

もちろん、在宅秘書が出社するための交通費も削減できます。

社長のライフスタイルはこれまで通り

一人で自宅で起業した方の多くは、毎日定時に出社することを嫌う傾向にありますが、在宅秘書は自宅で仕事をするのですから、社長であるあなたも当然出社する必要はありません!

定型業務(ルーティン業務)を任せることで、中核業務に集中することができる

  • 会社に届いたメールを、自分の代わりに返信してもらえます。
  • 資料請求があった時に、代わりに発送してもらえます。
  • 商品の申し込みがあった時に、代わりに銀行口座への入金確認をしてもらえます。
  • 請求書や領収書の送付業務を、代わりに行ってもらえます。
  • 展示会や交流会で取得した名刺のデータを、代わりにパソコンへ入力してもらえます。
  • 帳簿を入力してもらえます。
  • 社長が作成した重要書類の誤字脱字のチェックをお願いできます。
  • ブログなど、SNSの更新を行ってもらえます。
  • あなたの作成したメールマガジンを、代わりに配信してもらえます。 

このように、あなたがこれまで「面倒で仕方がない」と思っていた仕事を、在宅秘書にお任せすることができます。

それにより、あなたは本当に社長としてやるべき、社長本来の仕事に集中できるようになります!

場合によっては、社長が持っていないスキルを在宅秘書から借りられることも

例えば、ホームページの作成スキルを持った在宅秘書と契約すれば、日々の更新や、問い合わせフォーム、アンケート・フォームの作成等の業務が、専門業者に別途発注するよりもコストを抑えられる場合があります!

過去の事例では、ホームページの軽微な修正も専門業者へ発注していたものを、簡単なWebページの修正ができるスキルを持った在宅秘書を導入することで、コストを5分の1に削減できた社長様もいらっしゃいました。