AX

マスコミ掲載実績

VERY2014年8月号雑誌「VERY」(光文社、毎月7日発売)

  在宅秘書さんと当サービスが紹介されました。
  ※2014年8月号




 

 

 

tbs180.jpgTBS「がっちりアカデミー 家で出来るお仕事スペシャル」
(司会 小林麻耶氏・ 加藤浩次氏、ゲスト 森永卓郎氏・勝間和代氏等)

当サービスが紹介されました。
※ゴールデンタイム・全国ネットでの放送

 



tvtokyo180.jpg●TV東京「仰天クイズ!珍ルールSHOW」
(司会タカアンドトシ、ゲスト関根勤氏・松本明子氏)

「在宅秘書」としての働き方が、クイズ番組形式で紹介されました。
※ゴールデンタイムでの放送

  


 

※取材・講演をご希望のTV局・新聞社・雑誌社等マスコミ各社の方々は、
cs@e-secretary.net 宛にどうぞお気軽にお問い合わせください。(PR担当まで )

初めての方へ: 在宅秘書サービス誕生までのストーリーとは?

 

在宅就業というワークスタイルにご関心をお持ちくださいまして、誠に有り難うございます。

弊社の母体である、一般社団法人シェア・ブレイン・ビジネススクール(旧:アントレプレナー・コーチング株式会社)は、2004年の創業以来、起業家ご支援・新規事業立ち上げのご支援を中心に行い、教材やセミナーも含めますと、6,000社以上の起業家と取引して参りました。

主に、どのような分野で起業するのかというアイデア発想のご支援や、そのアイデアを具体的な実行可能な戦略に落とし込み、どいういう手順で小資本で実行していくのかのご支援が中心で、起業アイデア発想・具体化に特化して、開発した教材のページ数は1万ページを超えます

そのような弊社が、起業家の方々の前身や成長のためにさらに何ができるだろうかと考えていく中で、様々な出来事や出会いがあり、この「在宅秘書サービス」が生まれることになりました。

代表理事である中山の妻は、都市銀行の総合職(外国為替オプション関連業務)として働いています。息子が生まれて以降は、だいぶ緩和されたものの、朝は6時半には家を出て、帰宅するのは夜の8時9時が当たり前という、経営者である中山から見てもハードに見える生活を妻は送ってきました。

同じ会社の同僚や先輩の中にも、やはり同様なハードなワークを送られている女性がたくさんいるようです。 

しかしながら、詳しく話を聞いてみますと、やはりそのように第一線で活躍されている女性であっても、出産を機に退職され、専業主婦になられる方も多いようで… [続き・詳細はこちら→]

 

在宅秘書の導入をご希望の起業家の方へ


在宅秘書とは、


 「在宅就業でありながら、あなたの様々な業務を代わりにお願いできる外部スタッフ(業務委託先)」


です。当サービスはクライアントである起業家の方々の多くが、次のような悩みを持たれていることに気付き、なんとかお力になれないだろうかと考える中で誕生しました。

これまで弊社では1,000名を超える起業家を直接ご支援し、また、6,000社を超える方々に教材やセミナー等を通じてサポートをさせて頂いて参りましたが、おおよその目安として年収1,000万円ほどにまで到達された後、自分1人ではどうにも慌ただしくなり、新商品開発はおろか、新規事業に手をつけるなど全くできないような状況になられる方が多いケースをたくさん目の当たりにしてきました。

また、正社員を楽勝で採用できるほどビジネスが安定されていて、また、極めて有能な起業家であっても、最初の1人目のスタッフを採用するまでには、意志決定が1年もかかってしまうことや、そのときにどれだけ多くの不安がよぎるのかということも、直接見て参りました。

在宅秘書サービスは、まさにそのような起業家のために、信頼できる業務委託先(在宅秘書)をスムーズにお探しするサービスとして作られました。

お陰様で、現在は多くの起業家の方々にご依頼を頂き、現在は、サービスご提供まで少々お時間をいただく場合がございます。

只今、担当コンサルタントの育成等、社内体制の整備を行っておりますが、お急ぎの方は詳細をご覧の上、お問い合わせフォームよりご連絡をいただければと存じます。お問い合わせにご回答しまして、あわせて詳細の資料を送らせて頂きます。

 

[詳細はこちら→][お問い合わせはこちら→]

在宅就業をしたい女性の方へ


在宅秘書とは、「在宅で、起業家の右腕となって働く」 外部スタッフのことです。


この働き方は、一般的に「在宅ワーク」のイメージとして浮かぶ、大手企業で下請的にデータ入力等の単純業務を行うというものと全く異なっています。

これから日本を支えていこうという強い情熱を持った起業家を支える外部スタッフとして、世の中に直接役立っているという実感を持って仕事をし、キャリアを高めていくことができる新しい働き方です。

現在、約1,000名の女性に登録を頂いています。登録された方には、在宅就業スタッフを募集されている起業家・企業様の情報を、E-mailでいち早くご案内します。

ご興味がおありの方は詳細を良くご覧の上、秘書としてのエントリーをお願い申し上げます。

 

[詳細はこちら→][秘書登録はこちら→]